FC2ブログ

ぴけ@ゲーム開発日記

Unityやウディタを用いたゲーム制作を行っています。
edit-notes16.png--.--.--.
ichiran16.pngスポンサー広告

⇒ スポンサーサイト ▼ スポンサーサイト


 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

『収穫機道ろぼふぁーむ』創作記 その2 - 世界観と劇中スケジュール

『収穫機道ろぼふぁーむ』創作記 その2 - 世界観と劇中スケジュール

前記事の続き。
『収穫機道ろぼふぁーむ』創作記 その1

今回は世界観や劇中のスケジュールについて記す。

■物語
“今から200年後の世界。
科学の発展に伴い、地表は汚染物質が蔓延し人々が住めなくなり、地下シェルターや、宇宙への避難を開始しつつある。
地下シェルターでの生活には様々な問題が発生している。中でも食糧問題は深刻であり、食料の安定供給は急務である。
そこで、公国技術課 農業開発部に所属する<主人公>は、最先端技術である[ 低濃度二酸化炭素施用超促成栽培法 ] による、30日間の活動を記録するものである。“


……ではなく、『お爺さんから受け継いだ農場で一位を取る』とした。分かりやすい。
前述の通り当初はシリアスの予定だったが、イマイチ気乗りがせずにほのぼの路線とした。
こちらの方が性に合っていたし、何より創っていて楽しかった。

■登場キャラクター
登場キャラクターは農場ロボを除いてモデルとなる人物や設定資料は残っていない。
『前向きな主人公』『オチャメなお爺ちゃん』『因縁のあるライバル』『ポンコツロボット』くらいの漠然としたイメージで、自由気ままに喋らせた。

農場ロボのモデルは『マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜(SFC)』より、水撒きロボット。
リモコンで『水撒きロボット』を操作し、畑に出た芽に遠くから水を撒くパズルのミニゲーム。
思い通りに動かず、それでいて何処か憎めない感じが好きです。

■劇中スケジュール
当作は30日間の農作を楽しむゲームである。
『段階的な要素の開放』を実現するべく、以下のチャートを作成した。
収穫機道ろぼふぁーむ_劇中スケジュール

実際は初日から農場を開始していたり、20+n日目に審査が来たりと手直しはしている。
イベント『パーツ追加』は、一定期間内にパーツ屋に訪問した際に発生させる。
もし期間最終日まで訪問しなかった場合は『メンテナンスが必要』という体で強制的にパーツ屋へ誘導した。
この「『強制的に』というのが自由度を奪うのではないか」、という懸念から、「自主的にパーツ屋へ出向いた時、または致命的に遅れて追加要素が導入されない」条件を定めて実装している。

20+n日目の審査は、どうしても入れたかった要素である。
審査とは「とても強力なパーツがあるが、使うと後で痛い目を見る」イベントである。
マンネリ化した農作業に良いアクセントになったのではないだろうか。
評判も上々である。

■劇中ランキングの順位と遷移
当作はランキング100位からスタートし、30日後のコンテストで1位を目指すのが目標である。
他の農場も並行して売上を伸ばし続ける事から、以下のような計算式を用いている。
収穫機道ろぼふぁーむ_劇中ランキングの順位と遷移
※10~100位は略

規定の日数で上記の値(売上)を上回っていれば、主人公はその順位となる。
例えば21日時点で 売上5,880 を上回れば、その時点で5位となる。
稼ぎが悪ければ当然、順位は落ちる(まず見ないが専用セリフもある)。
劇中で明示はしないが、最終日で 売上15,500 を超せばクリア条件を満たす。

具体的なクリア条件を明示しない理由としては、プレイヤーに危機感を持たせたかったため。
プレイヤーによって腕前が異なるのは当然であり、売上の稼ぎ具合から自動的にクリア水準を調整させるのが理想的。
例えば21日時点で1位の条件を満たしていたらコッソリと底上げし(HARDモード)、逆ならば下げる(EASYモード)。
これは結果的に実装には至らず、固定値となった。

「一周目でクリア出来なかった」の声もちらほら届いており、反省すべき点の一つ。
(救済措置は付けたものの、『夢オチ』というひどい有様である)


次はパーツや種について。種だけで1つの記事が出来そうなので分けるかも。
スポンサーサイト
Guide
 
 

『収穫機道ろぼふぁーむ』創作記 その1

『収穫機道ろぼふぁーむ』創作記 その1

2016年に作成した『収穫機道ろぼふぁーむ』の後日談を急に書きたくなったので書く。

■『雨ごいカエルと幸せの花』
01_amagoiKaeru_ss_title.jpg02_amagoiKaeru_ss_main.jpg

もはや黒歴史だが、『収穫機道ろぼふぁーむ』の土台となったゲームであり、
雨と花のゲームセレクト(主催:とりあかさん)』への投稿作品。

基本システムはここで完成していたものの、ゲーム性がてんでダメ。
「何が起こっているのか分からない」「面白くない」などの感想が多数届き、心が折れかけた。

その中でも唯一人、古くからの知人が「面白い」と言ってくれた。
いま思い出しても涙しそうになる。

この悔しさをバネに、『収穫機道ろぼふぁーむ』の開発をスタートした。
戒めを込めて『遊べるモノを創る!』の画像を作成し、デスクトップ背景に設定する。

たぶん病んでいたと思う。


■目標はウディコン参加
ウディコンへの参加は早い段階で決めていた。
ベースとなる作品は前段の通り在る。あとは過去の失敗を活かし、より遊び易く、よりターゲット層を意識した。

舞台はウディコン。
幸い、2014年のウディコンで『うさりずむ』を提出した実績もあり、ある程度の感覚は掴めている。
独自の考察結果より、以下に重点を置くこととした。

****

【ウディコンに向けて意識した点】
・1プレイは短めに

 … 長編物は好まれ難い。1プレイが短く、やり込み要素が有れば尚良し。プレイ1周の想定プレイ時間は1~2時間、劇中の期間が30日、1日が40秒強というのは早い段階で決めた。

・投票期間中のアップデートを行わない
 … 当作はウディコン期間中、一切のアップデートを行っていない。理由はいくつかあるが、頂く感想にブレが生じてしまうのが最大の理由である。(意図せず「バグが一切ない」との観点でも高い評価を頂け、テストプレイヤーの方々には感謝している)

・ストーリーを付ける
 … 私はストーリーを考えるのが不慣れである。しかしウディコンには『物語性』の評価項目があり、これを無視は出来ない。

****

次に、『雨ごいカエルと幸せの花』からのバージョンアップに着眼する。

【『雨ごいカエルと幸せの花』からのバージョンアップで意識した点】
・成長要素の設定

 … ゲーム性として、プレイ中にプレイヤーが出来る事は『撒水』のみである(補助パーツは除外する)。単調であり、他に変化を持たせる要素は必須である。また、RPGのような成長要素を持たせたかった意図もある。何より『WOLF RPG エディター』なので。

・ゲーム中の操作は少なく、準備に時間を取らせる
 … 繰り返すが、プレイヤーが出来る事は『撒水』のみである。プレイ中はそこに集中してもらい、パーツ選定や農場の作りの考察に時間を割かせる作りにした。

・段階的チュートリアル
 … 私は最初にドバっと説明の波に襲われるのが嫌いである。覚えられない。よって、チュートリアル中は選択肢を狭め、ゲームの進行によって新要素を開放させていくスタイルを取る。因みにチュートリアルとは本編の一周目を指す。

・オンラインランキングの拡張
 … 長く遊んでもらう為の工夫が必要と考え、最も時間を費やした箇所。最終的に週間/月間/総合および、各野菜のランキングを実装し、ウディコン期間内の効果としては期待以上の成果を得られた。しかし、一定期間の登録数によって表示が変化する工夫を施しているが、こちらの反応は芳しくない。

****

上記を踏まえ、『雨ごいカエルと幸せの花』から肉付けをした。
期限感としては以下の通りであり、約2ヶ月半(累計3ヶ月強)での開発となる。

【制作スケジュール】
4月17日 製作開始
5月8日 『雨ごいカエルと幸せの花』完成・公開
7月24日 『収穫機道ろぼふぁーむ』完成・公開

期限内で創ることを目標としたため、『住民との交流』『偏向出荷による金額増減』『畑の病原菌と栄養価』などの要素は仕様決定段階で除外した。

次は仕様書について書く。
Guide
 
 

うでぃおふ2017年3月11日(土)レポート@ぴけ

うでぃおふ2017年3月11日(土)レポート@ぴけ

うでぃおふに参加した際のレポートを書きました。
主観満載ですが、宜しければお読み頂ければ幸いです。
(文字数: 11,111 文字)

うでぃおふ2017年3月11日(土)レポート@ぴけ
ダウンロード
Guide
 
 

ウディタ用オートタイル変換ツール(仮)v0.01

ウディタ用オートタイル変換ツール(仮)v0.01

C#の練習がてら、ツールを一つ作りました。


■ウディタオートタイル変換ツール(仮) v0.02
ウディタオートタイル変換ツールSS
ダウンロード
■概要
 RPGツクールVX規格のオートタイルをウディタ用に変換するツールです。

■特徴
 ・素材を選択してカンタンに加工・出力が出来る!
 ・リアルタイムでプレビューが表示される!
 ・好みの出力サイズを指定できる!

■出力可能形式
 PNG ファイルのみ

■制作のきっかけ
 とりあかさん主催の『フリゲ展!』の景品でツクール向け素材集を頂きました。
 当素材のオートタイルをウディタで使おうと手での加工を試みるも、
 中々上手く行かず、結局時間だけを費やし実用に足る物は出来上がりませんでした。、
 そこで、簡単に変換が出来るツールの作成に取り掛かった次第です。

 ・エトリエ(とりあかさん)
 http://etolier.webcrow.jp/
 ・DEGICAツクールストア
 http://tkool.degica.com/
 ・同 タイルセット素材集
 http://tkool.degica.com/products/resource/tileset


宜しければお使いくださいませ。
ご要望等があれば、アップデートするかもしれません。


2017/1/17追記)
ver0.02にアップデート
・インプットサイズ48pxに対応
Guide
 
 

うでぃおふ@東京(2016)、お疲れ様でした!

うでぃおふ@東京(2016)、お疲れ様でした!

ふつかさん主催の『うでぃおふ@東京(11/12)』へ参加させて頂きました。
ウディタ関係者の方々が集まったオフ会になります。

その時のレポートを書かせて頂きました。
(かなり長いので、お時間がある時や、興味のある箇所だけお読み下さい)

2016うでぃおふレポ@ぴけ
Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

ぴけ

Author:ぴけ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。