スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

【Unity】開発二作目:降り注ぐケーキFPS

【Unity】開発二作目:降り注ぐケーキFPS

前作に引き続き、Unityでの開発になります。
運良く有給を取れたので、勉強を兼ねて新規プロジェクトを興し一から作成しました。


開発二作目に当たる作品が、こちら
FPS_TEST

【降り注ぐケーキFPS】(2014/8/14 完成)
http://actpike.s601.xrea.com/Unity/FPS_TEST/FPS_TEST.html


今回の目的は、下記の通りです。
1.FPS視点での左クリック時の処理の作成
2.オブジェクトの範囲内から、別のオブジェクトを生成する


(1)について、前作『よぞらのかぼちゃ 3D』では画面(カメラ)が固定であり、
弾の出現位置はマウス座標しか使用していませんでした。

カメラを移動しても問題なく動作させる手法が無いかと探していたのですが
[Physics.Raycast]を使用する事でターゲットを取得する方法を見つけたため、採用させて頂きました。

参考サイト:Unity3D で FPS 作ってみるチュートリアルその1
http://loumo.jp/wp/archive/20130402230827/



(2)について、前作ではターゲットの出現位置をスクリプト側で座標を直接指定(マジックナンバー)していました。
これは保守性(メンテナンス性)を損なう為、代案を模索しました。
そして思いついたのが下記二点になります。

 案1:スクリプトの引数を 3*2つ((x, y, z) * (min, max))用意し、その範囲内にオブジェクトを出現させる
 案2:オブジェクトの位置や大きさを取得し、その範囲内にオブジェクトを出現させる

今回は案2 を採用させて頂きました。
出現範囲を変えたい場合は、オブジェクトの位置や大きさを変えるだけで良いので便利です。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。